健康状態と口唇ヘルペスとの関係について、自分の体験談をもとにどのように対処すれば症状が軽くて済むか検討する。

ストレスが原因で病気になる場合
ストレスが原因で病気になる場合

健康状態と口唇ヘルペスにおける

私は口唇ヘルペスに小さい頃からなっています。口唇ヘルペスは別名熱の花ともいいますよね。口唇ヘルペスは背中やその他の部位にできるものと一緒のようにも思いますが、少しことなるみたいで、ヘルペスといってもいろんな種類があるようです。口唇ヘルペスといえば、小さい頃から熱の花にかかるとすぐに治らず、一度できてしまうと、熟れるほどに大きくなり、その後しばらくしてから皮膚の一部のようにかさぶたになり、とれて治癒に向かうので、治癒までに時間がかかっていました。口唇ヘルペスは感染力もあるので、人にうつる可能性はあります。口唇ヘルペスが他のヘルペスと違い困ることは、できものが口のまわりにできることから、見た目にも悪いですし、更に出来た場所によればすごく痛みを伴います。

例えば、下唇と上唇の境目に出来たときは、口を開けるたびに痛みを伴います、にきびなどのようにつぶすとよいのではとも思うかもしれませんが、感染力があるので、つぶすと他にも数が増える可能性もあります。更には、治りかけの直前、つまりかさぶたのときに剥いでしまうということもできますが、はぐと傷口のような感じで本当に薄い膜になっているので、ヒリヒリと痛みを伴います。しかし、口唇ヘルペスは他のヘルペスと違い、痛みの性質は少し異なるようにも思います。ヘルペスは痛みが激痛という感じでしょうが、口唇ヘルペスは裂け目とかにあたらないかぎり、ニキビと似たようなものでそれほど痛みを伴いません。私の体験上、口唇ヘルペスは健康状態とも密接しており、ビタミンB6などのマイナーなビタミン不足と季節の変わり目などの身体的疲労の蓄積時に発症しやすいです。一度なってしまうとすぐに治るのは難しいですが、初期の段階でビタミンを補給したり、専用の軟膏を塗れば、治癒までの期間がすこし短くなり、緩和はされます。ビタミンってすごいですね。

おすすめ

Copyright (C)2017ストレスが原因で病気になる場合.All rights reserved.