2年前に健康状態があまりよくないときに、生まれて初めて口唇ヘルペスを発症し、市販の薬で治しました。

ストレスが原因で病気になる場合
ストレスが原因で病気になる場合

健康状態がよくないときに口唇ヘルペスを発症しました。

私は40代ですが、2年前に産まれて初めて口唇ヘルペスになりました。この病気になった当時は、転職したばかりで緊張していた上に仕事も忙しくなれない環境に体が相当疲れてあまりよくない健康状態の頃でした。いつものように会社に出勤して、仕事をしていると唇の上の方がピリピリします。てっきり乾燥して切れたのかな?と思い、保湿用のリップクリームを塗りました。ですが鏡でよく見ると、何かできものが出ています。でも、特に気にすることなく仕事をしました。

唇の痛みはその日の午後になるとかなりひどくなってきました。そこで、改めて鏡で見てみると、唇の上に小さなブツブツが出ています。更に一番大きなブツブツは破けて白くなり、まるで唇に食べ物の食べかすが付いたような状態です。その頃になると、会社の人たちにも「唇に何かついてるよ」と指摘され始めました。あまりに息に悪化したので、これはただの唇の荒れではないと思い、ネットで調べると口唇ヘルメスの症状と写真が、まさに自分の症状と同じでした。そして、市販の薬でも治るという書き込みをみつけ、更に出来るだけ早く薬を塗ることが大事、とのことでしたので、すぐに薬局に直行しました。

薬局に行くと、薬剤師さんが唇を見るなり、「恐らく口唇ヘルペスですね」と仰いました。ただ、口唇ヘルペスでない可能性もあるからという説明を受け、それを承諾して薬を購入させてもらいました。そして、一刻も早く塗ることを薦められ、会社に戻って薬を塗って様子を見ましたら、やはり夜には症状が治まってきました。その後、薬のお陰で症状は快方に向かいましたが、治るまでは唇のブツブツがとても醜くなったため、マスクをしてしばらく過ごしました。口唇ヘルペスは薬があればそんなに大変な病気ではないですが、早めに治さないと見た目が醜くなるため日常生活にも支障がある病気だと思います。

おすすめ

  • コンタクトレンズの商品情報満載なのはこちら。
  • お得な高槻のコンタクトレンズ販売店をお探しなら【日本オプティカル】

Copyright (C)2017ストレスが原因で病気になる場合.All rights reserved.